スターフォース

2008年09月05日

久しぶりの更新

1985年ファミコンソフトとして発売のシューティングゲーム「スターフォース」
システムは縦スクロールで、全てのユニットは前面ショットのみで破壊していきます。

これは私がファミコンで初めて買ったシューティングゲームなので、非常に思い出深い。

こんなにカッコいいキャラ・音楽は初めてでした。
還暦ゲーマーでもある私の母(特に女神転生シリーズがお気に入り。ペルソナシリーズは全てクリアしている)も、
「いままでにこんなに面白いゲームは無かった」と絶賛している。

当時「1秒間8連射」という事ができるかどうかが友達の間で話題になっていました。
ちなみに母は1秒間8連射可能。
私は・・・出来ません・・・


これが有名な100万点ボーナスの「郷です」もとい「ゴーデス」

このゲーム、スコアカウンターは9,999,900までしかなく、それを超えると9,000,000に戻ってしまいます。
よって、仮1000万点を達成することがこのゲームを極めた者として称えられる。
(たしか高橋名人がやったのかな?)

難易度はそこそこで、出現する敵は一定に決まった編隊数が出てきて、次に別の編隊が出てくるの繰り返し。

点数・・・付けられません  


Posted by ヒョヒョ at 20:57Comments(0)ゲーム紹介 FC

HoI2DD ベルギー編 2

2008年05月06日

攻略の更新忘れてた…

アメリカ参戦から5年の歳月が経過(我らベルギーがアフリカに追いやられてから7年)
・・・特に戦況に変化は無い。
どうもアメリカは太平洋の日本軍相手に集中していて、ヨーロッパは無視している様子。
まあいい、その間に着々と反撃の準備を整える。

実は秘密兵器「航空騎兵師団」(ヘリコプター)をこっそり開発中。
わざわざ使いもしない輸送機を開発する必要もあって、結構手間がかかる。
さて、どんな活躍を見せてくれるのか?まあ完成は終戦間近かも・・・

さあ、反撃の開始だ!
機械化歩兵36師団&自走砲36旅団、そして輸送船36小艦隊がベルギーの財産だ。
対人攻撃力に主眼を置いた最新鋭の装備に先進的な陸戦ドクトリンでドイツ帝国に挑む!
・・・上陸の時、Ⅳ号戦車やパンターがお出迎えしてたらどうしよう・・・

ふと、東部戦線を見てみると・・・
うぉぉい!モスクワ・レニングラード・スターリングラード御三家が陥落しとるやん!!
ドイツ強すぎないか?

でもやるしかない!!
目標上陸地はブレスト。
そこでレンヌ・ロリアンと同時に強襲上陸かけることでドイツ地上部隊の援軍を足止めして、
その間にブレストを落とす。

よし!!作戦通り!!

どうだ!!最新兵器を前に貴様らは為す術もあるまい!!
・・・どうもドイツ陸軍の主力は東部戦線に投入されているらしく、ヴィシーフランス軍が主な相手でした。

そして・・・
ブリュッセルよ!!私は帰ってきた!!

ドイツ主力がソ連を潰して帰ってくる前に陸上要塞で壁を作ります。
当然国境すべてにレベル10を建設。


装備も最新式に更新。
ドイツ軍の反撃に備えます。

一方、ベルギーと同じくヨーロッパから追い出されたオランダはリタイア。

ヴィシーフランスを併合するの忘れてた。
ついでにマダガスカルを独立。属国持ちになった。

・・・地球の反対側に対して何がしたいんですか?あんたら・・・

その頃、アフリカの奥地で世界初のヘリコプター師団が完成していた・・・

さあ、いよいよドイツ主力と戦闘に突入か?
ブリュッセルをタイムリミットまで守りきれるのか?
それとも・・・?

次回、
最終回
「てめぇら 働け」
  


HoI2DD ベルギー編 1

2008年04月10日

皆さんお久しぶり。
ハーツオブアイアン2のプレイ記第2弾。


今回はベルギーでプレイ。
ベルギーといえばチョコレートが有名ですな。
時々コンビニでベルギーチョコのフェアーもある。
それはさておき、このゲームではベルギーは順調(?)に進めば、
ドイツに本土を侵攻される→アフリカのジャングルに追いやられて黄昏たまま終了・・・
技術開発陣はかなり優秀なだけに、アフガンとは違った意味で不遇の扱い
このプレイはその運命を変えることにチャレンジしてみました。
題して「ベルギーリターンズ」


まず、どうせドイツに侵攻されるなら最初から首都ブリュッセルを含めてヨーロッパ本土を捨てる。
初期配置の部隊は維持費がかかるので、開始と同時に全て解散。
全ICをアフリカにある領土のインフラ整備&工場建設に回す。

さらに政策を孤立主義から介入主義へシフトさせていき、連合国側の同盟加入。
一気に設計図をイギリス・フランスから入手。研究スロット増加も手伝って来たるべき時に備える。
目標はアフリカの領土だけでIC20以上。研究スロットが2個と1個とでは全く違う。


あー、イギリスがポーランドを保護しちゃったよ・・・
こりゃ歴史どおりになりそうだよ。


悪いが・・・連合国との付き合いは一旦おしまいね。
ドイツとポーランドが戦争になると、連合国側のままだと国境付近のドイツ軍がなだれ込んで一瞬で領土が蒸発する。
時間稼ぎのためです。わかってくれよジョージ6世。


さあ、世界と歴史が動き出す・・・


よーく考えよう・・・
・・・
・・・
・・・
やめておきました・・・


殺る気満々の総統閣下、ポーランドを瞬殺後ノルウェーとデンマークを次の標的に。


ポーランド宣戦布告から8ヶ月。
来たよ、ついに・・・


予想通り一瞬でブリュッセルは陥落。
だが!その間に稼いだ時間は非常に価値があった!
ヨーロッパを失ったが、アフリカのICが目標の20以上に。辛うじて国力を伸ばせるラインを確保。
しかし軍備を整えるにはまだまだ厳しい。
あと5年はアフリカでじっとしているしかないかな・・・


そしてアメリカもついに参戦。

さあ、連合国の反撃が開始されるのか?
それとも絶好調のドイツが独走状態を保つのか?

次回、「最新兵器を前に貴様らはなす術もあるまい!!」に続く  


ロックマン2

2008年01月25日


もはや説明は要るまい・・・

思い出は億千万

子供の頃やったことあるよ 色褪せた記憶だ 紅白帽 頭に
ウルトラマン ウルトラマン セブン

子供の頃 懐かしい記憶 カレーとかの時に 銀のスプーン目にあて
ウルトラマン ウルトラマン セブン

でも今じゃそんな事も忘れて 何かに追われるように 毎日生きてる

振り返っても(忘れていたアルバムの中に)
あの頃には(馬鹿やってる自分)
戻れない(友達と笑って)
ウルトラマン ウルトラマン セブン

今あいつらどこに居るの? 何をしているの? 答えはぼやけたままで
ウルトラマン ウルトラマン セブン

でも今じゃそんな事も忘れて 何かに追われるように 毎日生きてる

君がくれた勇気は 億千万 億千万
過ぎ去りし季節は ドラマティック

子供の頃やったことあるね 雑誌に付いてきた 3Dメガネかけ
ウルトラマン ウルトラマン セブン

大人になり 忘れてた記憶 蘇る鮮やかに 腕でL字作り
ウルトラマン ウルトラマン セブン

でも今じゃそんな事も忘れて 何かから逃げるように 毎日生きてる

振り返っても(古ぼけた日記帳開き)
あの頃には(色褪せたページには)
戻れない(初恋の娘の名前)
ウルトラマン ウルトラマン セブン

ただあの頃振り返る 無邪気に笑えた 汚れもしらないままに
ウルトラマン ウルトラマン セブン

でも今じゃそんな事も忘れて 何かから逃げるように 毎日生きてる

見過ごしてた景色は 億千万 億千万
過ぎ去りし季節は グラフィティ

君がくれた勇気は 億千万 億千万
過ぎ去りし季節は ドラマティック

  


Posted by ヒョヒョ at 00:35Comments(0)ゲーム紹介 FC

いっき

2008年01月16日


いっき
一気飲みとかのいっきではありません。
正しくは「一揆」

小学生の時、初めてプレイしたときのインパクトがとても強かった作品です。

このゲーム、もとはアーケードゲームとの事。
(詳しくはwikiに載っていますのでそちらをご覧ください)


プレイヤー2人同時プレイ可能で、プレイヤー1は「権べ」、プレイヤー2は「田吾」
過去にこれほど和風で庶民的な名前の主人公キャラはいない!
攻撃方法は鎌を投げつける。しかも一番近い敵に自動照準するシステム。
こいつら、最早普通の農民ではありません。
しかも敵は何故か忍者。


この赤い忍者は黒装束の忍者の3倍は速く動き回る。
シャアか!?


他にも接触することで、プレイヤーを妨害する腰元や幽霊

オブジェかと思ったらいきなり発砲してくる鉄砲隊もいる。

また特殊効果のある拾えるアイテムも複数設定されています。

その中でもこれが有名なとってはいけないアイテム「竹槍」
一定時間、自分の上にしか攻撃できなくなるが、移動スピードアップ&倒した敵のスコアアップといった効果。
けど鎌という優秀な飛び道具が使えなくなるデメリットの方が大きい。
いわゆる「マイナスアイテム」初登場だそうで。

あとwikiに書いてあることで、
「主人公がやられたときの効果音が4秒近くある一方で、ゲームオーバーの音楽は3分の1秒のA2音が鳴るだけである。」
たったこれだけの事だけど、これ本当にすごいギャップを感じる・・・

もし、これを現在のハードでリメイクされるなら「三国無双」みたいなノリで作られることを願う。
「お主こそ、まさに天下無双の百姓よ!!」とか、
どうっすかね?
  


Posted by ヒョヒョ at 01:47Comments(0)ゲーム紹介 FC