HoI2DD アフガニスタン編 4

2007年09月21日


あーあ・・・やっちゃったよ・・・不可侵条約の一方的な破棄
当然ペルシアとの関係は激悪化
いままで仲良くやってきたのに残念だねえ・・・まあ、時々スパイを送り込んであげるから。

条約破棄による国民不満度の解消のためしばらくは内政に取り組まないと。


一方、連合国 VS 極東同盟の方は膠着状態。
サイゴンあたりの占領サイドが行ったり来たりの繰り返し。

それ以前にドイツ枢軸国がおとなしすぎる!!
まったく連合国か共産国とドンパチ始める様子が無い。

ドイツがどっちかとやりあい始めればそのおこぼれを狙えるのに。
VS 連合国なら・・・連合軍がら空きのブータン&ネパールを落とし、インドのカラチ侵攻を皮切りにデカン高原からイギリス軍を追い払う!
VS 共産国なら・・・ソ連軍がら空きのアフガンに隣接するIC約30程度の領地を狙う!(まあ総帥閣下がノリノリでモスクワの喉元まで迫らないと返り討ちにあいそうだけど・・・)


さて・・・すぐにでもペルシアに侵攻できる状態にしたけどちょっと不安が・・・
情報部からペルシアの軍事力の報告を聞くと、歩兵師団が20。おそらく43年式歩兵師団に改良済。
一方こちらは歩兵師団が14。しかもようやく36年式に改良が終わったところ。
陸戦ドクトリンではこちらが先進的だろうけど、この差は根性でなんとかなるものでは無さそう・・・


ここはペルシアに追いつくまでひたすら歩兵の研究開発を進めて軍備を増強だ。
ペルシアは暇をもてあそんで駆逐艦やら山岳兵の研究をしている間に差を詰める。
しかし・・・山岳兵なんて高コストのユニットなんか作れんだろ、ペルシアよ。

で、ひたすらペルシアにスパイを送り込み続けるストーカー行為。
資金に余裕があったので設計図の奪取にトライ!・・・あ、成功した!!
って、戦闘機なんて作らねえよ。飛行場も無いし・・・

さあ、いよいよ1953年に向けて動き出す。
ペルシアを攻略できるだけの軍備が整うのか?それともイギリス・ソ連に一太刀浴びせるのか?

次は最終回「アフガンは燃えているか?」

同じカテゴリー(ハーツオブアイアンⅡDDアフガニスタン編)の記事画像
HoI2DD アフガニスタン編 5
HoI2DD アフガニスタン編 3
HoI2DD アフガニスタン編 2
HoI2DD アフガニスタン編 1
 HoI2DD アフガニスタン編 5 (2007-10-06 20:59)
 HoI2DD アフガニスタン編 3 (2007-09-09 00:17)
 HoI2DD アフガニスタン編 2 (2007-08-29 23:18)
 HoI2DD アフガニスタン編 1 (2007-08-27 01:39)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。