新豪血寺一族 煩悩解放

2007年09月15日


知る人ぞ知る対戦格闘ゲーム「豪血寺一族」シリーズ。
画像のタイトル画面はちょっと前に登場したバージョンです。

最初の「豪血寺一族」が出たときの10年以上前、私はまだ学生でした。
とにかく濃いキャラクター設定。
もちろんゲームシステムもきっちり作られているので面白い。

特に続編の2になると操作キャラクターよりも背景に組み込まれているキャラクターのインパクトと、それに合わせたBGMは聴く者を中毒に陥れる。

サントラCDでは「坊主でダダダ」、「涙の「・・・」」、「ケチャビアン」、「魔法みたいな恋したい」のセンスは私大好き。
「Give ME Money」の没(?)バージョン、「もったいない」にある
「そんなこと やってるお金が あるんだったら・・・俺にくれ!!」にはしばらく呼吸ができないぐらいツボに嵌った。

しばらくゲーセンいってなかったのですが、
BGM「レッツゴー!陰陽師」がインターネットで大人気になっていたそうです。
今頃知りました・・・

もともとステージBGMだったのをある一定の条件をクリアするとPV(プロモーションビデオ)として視聴することができます。

「胡散臭い男がひとり・・・その名は 矢部野彦麿 そう 人は彼を 陰陽師と呼ぶ」といったフレーズがあり、BGMに合わせて2Dキャラを3Dキャラ化して演出。

このPVの凄いところは、矢部野彦麿というキャラ自体元々はただの背景に組み込まれていた脇役。
操作キャラでもありません。
それがもっともインパクトが強いキャラになってしまったというところです。

you tubeで「豪血寺一族」で検索すれば一発です。
歌詞の入った完全版もありますので、是非一度見ることをおススメします。
きっと中毒になります・・・

同じカテゴリー(ゲーム紹介 AC)の記事画像
セガ MJ3エボリューション
同じカテゴリー(ゲーム紹介 AC)の記事
 セガ MJ3エボリューション (2007-09-02 22:43)

この記事へのコメント
いつもブログを拝見させてもらっています。
私もかなりゲーマーですので、
共感できる部分が多くて楽しいです★
Posted by 低スペック オンラインゲーム at 2009年08月13日 16:02
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。